RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

苦手意識
0

     10月の最終礼拝を越えることが出来ました。9月も10月もアッという間に過ぎ去った感じです。しかも、昨日のお昼頃には、急に激しい雨が降ってきたかと思ったら、雨の音がバシャバシャからカラカラという音になったので、もしかしたらと思って廊下からベランダを見たら、白いものが転がっていました。雨に混じってアラレが猛烈な勢いで窓ガラスに打ち付けていました。11月末ならまだしも、まだ10月なのに、と季節がグッと進んだのを実感しました。

     

     今日は、早朝に雨がざーっと降って、教会員のお一人はランニングをしていてずぶ濡れになったとのことですが、礼拝が始まる時にはキレイな青空となっていて、礼拝に来られる方々には雨の心配がありませんでした。でも、少々気温が低かったので暖房をつけました。これからは、床暖とガスストーブとエアコンを上手に使い分けながら、来会された方々が快適に御言葉に集中できるように細かく心配りをしなければなりません。

     

     今日は礼拝に引き続き「青年による聖書研究会」がありました。これで4回目ですが、青年たちが代わる代わるに担当してくださって、毎回新鮮で心に響く聖書の学びの時を与えられています。今日担当した青年は、講壇に立ったとたん「私、こういうの苦手です。ホントにもうイヤ。こんなに教会に来るのがゆううつだったことはなかった。でも、仲間の青年たちもみんなやっているし、仕方なく頑張って原稿メモまで書いてきた。」

     

     会衆席で聞いていた全員が、心からの同情を感じてうなずきながら、どもニコニコとほほえみながら聖書の学びを待っていました。今日の聖句は、パウロの祈りが聴かれず、「わたしの恵みはあなたに十分」という箇所でした。自分の生涯にも当てはめながら、神様の恵みの不思議な特色を解き明かしながらの実に素晴らしい聖書研究でした。終わってすぐに「良かった」と言いましたが、その青年の答えは「もう、絶対やらないからね。」でした。ありのままで良いな、と思いました。

    | - | 20:29 | comments(0) | - | - | - |
    10月25日のメッセージ要約
    0

      拙い準備ですが、ご一緒にイエス様のすばらしさに心を留めて慰められて頂ければ幸いです。

       

       

      | - | 20:13 | comments(0) | - | - | - |
      10月25日の週報
      0

        | - | 15:02 | comments(0) | - | - | - |
        除雪機の試運転
        0

           10月の第三聖日を越えることが出来ました。この所、急に秋が深まってきた感じがします。教会員の方々も、何を着て良いか迷いました、と言っていました。出席者の中で、半袖は一人でした。後は、七分袖か長袖でした。私も、めずらしくスーツで講壇に上がりました。家内は、上着を着ている私を見て、どうせまた脱ぐんでしょう、と言っていました。抗がん剤の注射の影響で、しばしばほてりが来る私は、いつも途中で上着を脱いでいるからです。

           

           今日も、玄関先で来会される方々と朝の挨拶を交わしていました。その中のお一人が「この所、順調に寒くなっていますね。」と言いながらクツを棚にしまっていました。実感がこもっている上手い表現と感心しました。その方は、長岡教会の「降雪予報官」のような方で、毎年、降雪量を予測して教えてくれます。私の感じでは、気象庁よりも当たるようです。その方が「順調に寒くなってきている」というのですから、今冬は警戒しなければと思います。

           

           先週の月曜日、私は除雪機の試運転をしました。昨冬は少雪で、小一時間だけ試運転を兼ねて除雪機を動かしただけで、それ以来ずっと除雪機のバッテリーが心配でした。私は記憶にないのですが、家内によれば5月6月頃に試運転していたとのことで、家内は大丈夫でしょう、と楽観していました。私は、もしかしたらバッテリーの充電に修理屋に持っていかなければならないのでは、と覚悟しながら恐る恐る試運転しました。

           

           とてもセルで回る状態ではないのは分かっていましたから、ヒモを引っ張って回しました。何度も何度もヒモを引っ張る覚悟で、腰痛ベルトで腰を固めて取りかかりました。ところが、ナントたった二度目でブルルンとエンジンがかかってくれました。重い心で取りかかったのですが、これでいつ雪が降っても大丈夫と安心しました。でも、できたら今年も除雪機が活躍しない冬が良いなと思っています。そんな私の心に「順調に寒くなっている」という警鐘が響きました。

          | - | 20:25 | comments(0) | - | - | - |
          10月18日のメッセージ要約
          0

            主の恵みに共に与って頂きたいと思います。

            | - | 07:15 | comments(0) | - | - | - |