RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

スキンヘッド
0

     そろそろ50年近くになる米国留学からの親友がスキンヘッドにしたと写真がFBに載っていました。正確に言うと、親友夫妻の奥さんの方がスキンヘッドにしたのです。ペンシルベニアのカレッジで2年間学んだときの親友たちです。留学初年度は、交際を始めたばかりで、それぞれから悩みを打ち明けられたりしました。しばしば二人のデートに同行させてもらい、三人の友情を深めつつ、二人の交際が順調に進んでいることを喜んでいました。

     

     二人が結婚したのは、私がカレッジからカンザスのセミナリーに移った直後でしたので、私は結婚式に参列できず、私以上に二人が残念がっていました。その後、カンザスとペンシルベニアに離れましたが、電話などで親しく交流を続けました。日本に帰る直前に訪問して、「最後の別れ」をしました。ところが、今はFBで互いの近況が手に取るように分かり、50年近く前と同じ温かく楽しい交流を保っています。

     

     そんな二人ですが、妻の方がガンになって化学療法を受けることになったのです。その治療の過程で髪が抜けるというので、今のうちにスキンヘッドにしたというわけです。スキンヘッドの方が、若々しく見えて、カレッジ時代のような感じがしています。そのすぐあとに、娘がお母さんとの連帯を表すためにスキンヘッドにしました。息子とその二人の子どもも続きました。その後に、夫も兄も続きました。息子も夫も兄も現役の牧師です。

     

     これから辛い化学療法を耐えていく彼女のために、次々とスキンヘッドにしていく家族の温かさにジーンとしました。彼女たちと大の親友と自覚している私もスキンヘッドにしようかと心が揺れ動いています。でも、長岡教会の方々は私がスキンヘッドにしたらどう思うだろうか、と考えて家内に聞きました。「ねえ、ボクがスキンヘッドになったら皆さんどう思うかな?」家内は顔色一つ変えずに言いました。「少し今とも変わらないんじゃない?」

    | - | 20:50 | comments(0) | - | - | - |
    8月2日の礼拝メッセージ要約
    0

      拙いメッセシー準備ですが、ご一緒に聖書からの語りかけに耳を傾けていただければ幸いです。

      | - | 20:50 | comments(0) | - | - | - |
      8月2日の週報
      0

        8月2日の礼拝も、全国的な感染拡大のニュースの中ですが、さらに細心の注意を払いながら会堂で持ちます。

        | - | 09:42 | comments(0) | - | - | - |
        チョーすっぱいブルーベリー
        0

           私たちの教会には、立派な?ブドウ棚があります。11年前に、献堂25周年を記念して植えられた巨峰の木が成長して、やっと今年は大豊作のようです。「やっと」というのは、これまでも毎年のようにたくさんの実をつけるのですが、食べられるようになるのは数える程度の「粒」だけで、いつもガッカリしていたからです。今年は、数え切れないほどの「房」が出来ています。今年こそ、聖餐式は教会産のブドウで出来そうです。

           

           そのブドウ棚の下に、二つの植木鉢が置かれています。一つはラズベリーで、もう一つはブルーベリーです。小さな植木鉢ですので、もともとはたくさんの実を期待しているわけではありません。それでも、それぞれに数粒ほどの収穫が何回か出来て、家内と二人で味わったり、孫娘たちにも食べさせたりして楽しんでいます。ラズベリーは、数十センチの高さの木で、小さな植木鉢ですので普通の粒より小さな粒ですが、香りは本格的で楽しんでいます。

           

           ブルーベリーは、数はたくさん採れるのですが、これまた小さな粒で、5粒で普通の一粒ぐらいです。それでも、ブルーベリーは目に良いからと言って私に食べさせてくれます。昨年は小粒でもおいしかったのですが、今年は黒々と熟してオイシソウなのですが、口に入れたトタン「すっぱーい」とふるえてしまいました。それを見た家内が、「今年は肥料をあげなかったからね。」といかにもすっぱいのを分かっていたようにボソッと言いました。

           

           見た目では少しも違いが分かりません。濃紺から黒色に近い色で、良く熟した実でしたが、育てていた家内には、多分すっぱいだろうなと分かっていたのです。栄養不足はその味に真っ先に影響するのだと思いました。それと同じ事が信仰にも言えるのかも知れません。主の恵みにたっぷりと浴した信仰者は、その人格に甘さがにじみ出るのでしょう。反対に、主の恵みに与らず自分一人で必死に頑張っていると、その人格が「チョーすっぱく」なるのでは、と警戒しなければと教えられました。

          | - | 20:15 | comments(0) | - | - | - |
          7月26日の礼拝メッセージ要約
          0

            今週も拙い説教ですが、粗末な土の器を用いてくださる主にゆだね、共に恵みに与ることができたら、と願います。

            | - | 21:06 | comments(0) | - | - | - |