RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 拡大協議会 | main | 説教者 >>
座骨神経痛
0
     先週の日曜日も雪で、集会前に駐車場の除雪を「少し」手伝いました。今年の冬は、クリスマス前後から本格的な雪が降り始め、毎週の集会毎に道路と駐車場の除雪は大変でした。私は、昨年末に腰を痛め、早々に除雪隊から離脱を余儀なくされていました。加えて、教会総会の準備、教団の総会の準備などで、気にはなりながらデスクに向かっていました。それでもあまりの大雪に、教会総会前の土曜日にスコップを持ちました。それでさらに腰を痛めたようです。

     2月9日、教団総会の前日に、家を空ける前に気になっていた車庫の雪下ろしをしました。と言っても、全部を下ろすことはできないので、屋根の3分の1程度を軽く下ろしただけでしたが…。その後、12日の午後の集会を休止して、車庫の残りの雪下ろしをしました。その時は、近所で役員の田井兄がお手伝いに来てくださったので、私はカーポートの雪を下ろしました。これも周囲のせり出した雪だけで、全部を下ろしたわけではありません。

     そのように腰の具合が悪い私は、本格的な除雪作業に加われず、歯がゆさと申し訳なさを感じながら家内の除雪作業を見守りながら感謝していました。そんな中、20日と21日に本部の会議で上京しました。座り詰めの会議でますます腰は悪化していきました。宿の慣れないベッドは悪い腰には最悪で、朝は起き上がれないほどでした。本部まで歩いて行くのも辛く、早く家に帰りたい、帰らなければと思いました。…が、会議のメンバーは誰一人として早く帰った方が良い、と言ってくれず、逆に責任を果たすようにと迫るではありませんか。

     21日の夕方に家に辿り着きましたが、その時間ではお医者さんもすでに終わっていてあきらめました。水曜日は午前の祈り会がありますし、午後は休診ですのでお医者さんにいけず、やっと木曜日に長岡教会で名医と評判の高橋医師の所に行きました。そこで座骨神経痛と診断され、お薬を出して頂きました。その後、腰の様子を見ながら今日の礼拝を迎えました。長岡教会の皆様の優しいいたわりと励ましの言葉を頂きながら、何とか説教の奉仕を全うしました。教団の冷たい態度に心が折れそうになっていましたが、長岡教会の温かさにホッとして腰も少し良くなった思いがしました。(教団の冷たさに関する発言は誇張があることをお詫びします。多くの友人がいることも確かです。)
    | - | 19:38 | comments(1) | - | - | - |
    神経の痛みは辛いですねえ!心の痛みはもっと辛いかも?
    教団の冷たさは先生への激励です。嫌よ、嫌よ、は好きのうち。教団のお仲間の冷た言葉は温かい心の裏返しと見ました。素晴しいお友達がたくさんおられて羨ましい限りです。
    坐骨神経痛に神様の癒しがありますように!
    | 里山ボーイ | 2012/03/09 6:15 PM |