RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< サザンカ | main | ソレ、くれるの? >>
柔らかティッシュ
0

     今日は、風邪でノドの調子が悪く、皆様にはご心配をおかけしました。実は、先週の前半から、花粉が気になっていました。私は、長いことひどい花粉症で苦しんでいましたが、数年前にピタッと治りました。それまでは、この時期は、講壇でもティッシュボックスが手放せないほどで、皆様方には聞き苦しいだけでなく、お見苦しい姿でご迷惑をおかけしていました。それが、いつの間にか治っていたのです。それはそれは感謝なことです。

     

     花粉症が治ったと言っても、くしゃみや鼻水が出ないだけで、目がゴロゴロしたり顔の表面がモヤモヤしたりはします。先週は特に花粉がひどいと感じていました。そのうち鼻がグズグズし始めたので、花粉症が再発かと気持ちが暗くなっていましたが、どうも花粉症ではなく本物の風邪を引いたようでした。それで、この数日は、ティッシュが手放せなくなっていました。ゴミ箱がすぐに一杯になるほどティッシュを浪費してしまいました。

     

     今日の講壇では、声を出している私自身はそれほど感じなかったのですが、聞いている皆さんには相当ひどい声だったようです。先ほど、ある方がノドに良いというカリンの瓶詰めと、疲れた身体に良いという梅の凝縮した健康食品を届けてくださいました。それで改めて家内に尋ねました。「ボクの声、そんなにひどかった?」「ひどかったわよ。今もひどいわよ。」やけにひどさを強調していました。

     

     今までですと、こんな時は、鼻の周りが赤くヒリヒリしているのですが、今回は何ともありません。鼻がグズグズし始めた時から、柔らかティッシュを使っていたからだと思います。普通のティッシュも普段では柔らく感じるのですが、風邪引きの時には皮膚を痛めてしまいます。柔らかティッシュの優しい肌触りに感動しました。ましてや、心が弱っていたり傷ついている時には、優しく柔らかい言葉や態度が求められるハズです。今日も、皆様方の優しさに慰められ感謝しました。

    (教会のHPのメールは機能していないと思います。)

    | - | 20:20 | comments(0) | - | - | - |