RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 柔らかティッシュ | main | じぃじっこ >>
ソレ、くれるの?
0

     先日、義母のささやかなお誕生会を開きました。90歳という記念すべきお誕生日なので、もっと正式に?お誕生会を、と願ったのですが、すでに義母の姉妹を中心に「おはぎ作り」の誕生会を開催していましたので、我が家ではささやかなお祝いの食事でお許しをいただくことになりました。義母にとってはひ孫二人とその付き添い?の両親も加わって、主役が誰か分からないいつも以上に賑やかな食事となりました。

     

     ささやかな食事もおおかた終わった時、いよいよ子どもたちが待っていたケーキの時間となりました。小さなケーキでしたが、子どもたちは箱を空けてイチゴが載っているケーキを見て歓声を上げてくれました。イチゴを子どもたちに公平に行き渡るように切るのは大変でしたが、何とか大騒ぎにならずに切り分けました。妹はイチゴを真っ先に口に運び、姉はケーキの横に置いて最後に食べようとしていました。

     

     私は、自分のケーキの上に載っているイチゴを脇に置いて残していました。自分のイチゴを口にほおばりながら、妹の方が私が食べずに残しておいたイチゴに目を留め、私に話しかけてきました。「じぃじ、イチゴ食べないの?」私が「うん。」と答えると、即座に言いました。「ソレ、リホにくれるの?」私がイチゴを食べずに残しておいた意図をチャンと見抜いているのです。私が「うん。」と答えると、うれしそうにフォークを伸ばしてきました。

     

     イエス様は、幼子のように神の恵を受け入れるようにと勧めています。孫娘の、図々しいほどに純真な姿に、イエス様はこのようなことを仰っているのかな、と心がホッコリとしました。確かに、私たちが主の恵みを願い求めるのは、幼子の図々しいほどの大胆さと似ていると思いました。これからも、主の恵みを幼子のように大胆に求めていきたいと思いました。と、考えている私の目の前で、妹は、うれしそうにフォークで取ったイチゴを隣の姉に見せびらかして「もらったよー」・・・ガクッとさせられました。

    | - | 18:00 | comments(0) | - | - | - |