RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< ソレ、くれるの? | main | 召天者記念礼拝 >>
じぃじっこ
0

     我が家の孫は、中1から三歳児まで四人全員が「じぃじっこ」(だと私は自負しています)です。特に、一番年下の三歳児は、母親が異常ではないかと心配するほど「じぃじっこ」です。ほぼ毎日我が家に遊びに来ますが、その度に玄関から大声で「じぃじー」と叫びながら、三階の私の書斎まで階段を駆け上ってきます。何もお菓子などを用意しているわけではありませんが、とにかくじぃじの側にいたいらしいのです。不思議です。

     

     先日、春休みなのに母親の仕事が重なって、三日ほど子どもたちを預かることになりました。三日目は祈り会の日でした。家内は伴奏ですし、どうしたものかと案じていました。案の定、三歳児の方は、集会が始まって讃美歌を歌い出すと、チョコチョコと走ってきて私の隣の椅子にチョコンと座りました。讃美歌が終わって、伴奏の家内が私の隣の孫娘に手招きをしましたが、首を振ってイヤイヤしていました。それでも、姉が呼びに来てくれたので、やっと家内のところに行ってくれました。

     

     私が小学生の頃、我が家は猫を飼っていました。ネズミ対策の必要上でしたが、意外なことに父が猫をとてもかわいがり、いつも遊んであげていました。そんな父を慕って、猫が集会中に二階の牧師館から降りて来て、講壇の父のところに来て、「ニャーゴ」と猫なで声?で鳴きながら父の足にまとわりついたことがありました。それ以後、父は猫に徹底的にきつく接するようになりました。やがて猫は父をこわがって近づかなくなりました。父の牧師としての見識だったと思います。

     

     集会中に、私の隣の椅子にチョコンと座った孫娘を見て、私は悩みました。私が孫に甘すぎるのがいけないのか、私も父のように厳しく接すべきか、と。でも、聖書には、イエス様の周りに集まってくる子どもたちをダメと阻んでいる弟子たちに対して、イエス様が厳しく叱っているエピソードがあります。多分、父の場合と違って、今の私に対してイエス様はニコニコとしながら、それで良いんだよ、と仰ってくださるだろうと確信しています。これからも、じぃじっこたちを歓迎します。

    | - | 19:39 | comments(0) | - | - | - |