RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< やすらかな寝息 | main | Q&A >>
35キロ過ぎ
0

     私は、スポーツのテレビ観戦が好きです。スポーツならどれでもOKですが、唯一あまり興味が無いのは氷上スポーツです。それ以外なら、球技はもちろん陸上競技もフィールド種目もトラック種目も好きです。長距離種目やマラソンも見ていておもしろいと感じます。延々と走者が走っている姿が映し出されている画面をジッと見ています。マラソンなどでトップランナーが独走になっても、それでもおもしろいと思って見続けます。

     

     家内は、箱根駅伝のたすき中継所でのドラマの時は過剰に感情移入をして見ていますが、ただひたすら黙々と走っているマラソンランナーが映し出されてる画面に引きつけられている私のおもしろさは理解出来ないようです。実のところ自分自身でも、なぜあんな画面をジッと見続けられるのか分かりません。好きというのは、そういうものかも知れません。実況アナウンサーが、もうすぐ35キロが近づく、と言うだけでワクワクしてしまいます。

     

     マラソンの35キロは、何かが起きることが多い距離です。ゴールがあと数キロまで迫って来て、もうこのまま行くのかなと思っていると、急に疲れの影響がどっと出て、ランナーの足の動きがおかしくなることが多いようです。それまで順調に走っていたのに、急にペースが落ちてきたりします。見ているこちらは、思わず椅子から身を乗り出してハラハラしてしまいます。まるで自分の太ももの筋肉が痛くなったような気がするほどです。

     

     私は、もう70歳に手が届く年齢になりました。人生で言えば、35キロ過ぎに差し掛かったようなものです。これまでも決して順調に走ってきたわけではありませんが、ここに来て様々と新たな課題に直面し始めています。特に、身体的健康的な面で、今まで経験しなかった不調を感じることがあります。自分のイメージとしては、まだまだ若いと感じるのですが、身体が思うように付いてこないことが多くなってきました。家内曰く「それが歳って言うことですよ。」

    | - | 18:05 | comments(0) | - | - | - |