RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< アイマスク | main | ガラガラ声 >>
固定観念の打破
0

     今日、私たちの教会では三浦読書会の森下先生をお迎えして特別集会を開催しました。午前の特別礼拝と共に、午後は地域社会に宣伝をしての映画会「塩狩峠」をしました。私たちにとって初めての映画会ですので、今までよりも大きなスクリーンを購入し、さらに上映権の購入などの諸手続きを万端整えて準備をしました。そこに至るまでの森下先生を始めとして、三浦読書会関係の方々の良きアドバイスに感謝しています。

     

     対外的な手続きは順調でしたが、一つ問題として残ったのが暗幕のことでした。私たちの教会は、30数年前の建築の時、それぞれの窓にはロール式の暗幕を設置しました。それだけで十分な暗さになるのですが、玄関ホールとのドア四枚への暗幕が課題となりました。会堂建築当時は、それらにも暗幕が作られたのですが、その設置金具が不十分なので今回新たに準備することにしました。でも、考えている以上に上手くいきませんでした。

     

     教会員の方々とも頭を悩ませましたが、なかなか名案が浮かばず、2〜3週間悩み続けました。ドアの前にたたずんで悩んでいたとき、ハタと思いつきました。ドアの外側から設置しようとしていたから上手くいかないのでは、と。それで、ドアの内側から設置する方法を考えました。今まで上手いかなかった課題が簡単にクリアされて、実に上手い具合に簡便に設置出来ました。そのおかけで、今日の映画会も丁度良い暗さでクリアな画面となりました。

     

     外側からでなく内側から、という考えに至ったのはまさに固定観念の打破と言えます。考えついてみると何ともないことのようですが、そこに至るまでは何日も何日も悩みました。大げさに言えば、それは「産みの苦しみ」による新たな対応策と言えるのではないでしょうか。今の時代は、宣教の働きがなかなか進展しないと言われています。簡単な解決策はないと思いますが、これからも「産みの苦しみ」をして、固定観念を打破するように取り組んでいきたいと思います。

    | - | 21:55 | comments(0) | - | - | - |