RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< シンプルな出来事 | main | じぃじが、勝手に・・・ >>
パンク
0

     今日の礼拝後、「五つのパンの集い」が持たれました。「五つのパン…」というタイトルですが、教会で作ったカレーを食べながら自由に語り合うフェローシップの時間です。教会員の方々は、ご飯だけを家から持ってきて、そこにカレーをかけて戴きます。今日も、カレーの他に教会員の方々が持ち寄ってくださった副菜がカレーライスのシンプルなメニューを賑わして、各テーブルごとの自由な語らいを盛り上げてくれました。

     

     ただ、今日は自由な語らいに加えて、今年の残り三ヶ月の集会予定について協議の時も持ちました。何しろ、今年は、12月24日が日曜日で、さらに12月31日も日曜日という、何とも「ピッタリ」過ぎる日程ですので、かえって対応が難しいと思い、皆様方の知恵をお借りしたいと願いました。大切な問題ですので、皆様も真剣に考えてくださいました。それで、長岡教会としては始めとのことですが、12月24日の礼拝時に「キャンドルサービス」を実施することに決まりました。

     

     その他にも、長岡教会の宣教の活動全体に関しても皆様方のご理解を戴くように、私の思う所を少しお話ししました。特に、これから10年20年30年後に結実に至ることを期待しながら今は活発なタネ蒔きに励みたい、と願っている旨をお話ししました。良く理解して積極的に受け止めてくださいましたが、同時に、活発な活動を推し進めるだけでなく、時には「撤退する勇気」も必要という貴重なご意見も戴きました。

     

     というわけで、いつもの「五つのパン」の時間を少し過ぎて、教会員の方々が帰途につこうと駐車場に出ると、お一人の方の車のタイヤがパンクしていました。その方は、笑いながら「撤退の勇気を」という意見を言うから神様からお叱りを受けた、と仰っていました。そしてパンクのタイヤを交換しながら、その方は、「自由に意見を」と言われても「発言するのは、とても勇気がいる」と話しておられました。そのパンクは、もっと聞く耳を大きく開くように、という神様からの私への指摘ではないか感じました。

    | - | 20:02 | comments(0) | - | - | - |