RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< じぃじが、勝手に・・・ | main | 自称牧師? >>
東山
0

     わが家からは東山が見えます。と言っても、隣の工場の屋根にさえぎられて頂上部分だけですが。書斎を出た3階の廊下のガラス戸越しに、八方台や鋸山という標高500メートルから750メートルの山並みが見えます。問題や課題に押しつぶされたり、自分の弱さや愚かさに打ちのめされてガックリと落ち込んだときなど、詩篇121篇を口ずさ見ながら東山を見つめています。「私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。」

     

     しばらく東山の峰々を見つめた後、ホンの少し視線を上に向けて広い空を見ながら、詩篇121篇の次の節「私の助けは、天地を造られた主から来る。」を心に留めます。心にのしかかる重荷や課題、自分のダメさ加減などは少しも解決は着いていなくても、それまでの絶望的な心の重さは、ホンの少し軽くなって、希望と信仰を新しくすることができます。私にとって、わが町の東山連峰は、とても大切な存在です。

     

     今日の礼拝は、少し特別な意義のある礼拝でした。70年近く信仰生活を辿られた一姉妹の追憶記念礼拝としたからです。そのご姉妹は、結婚を機に、一切の集会出席が許されない環境に置かれました。近くの実家にすら立ち寄ることも出来ないほど厳しい管理下に置かれたと伺いました。そのような中、月末になると教会に立ち寄られていました。月末の集金を必死に早くに済ませて、短い時間を作り教会に来て祈っておられたのです。

     

     今日の礼拝で、そのご苦労を近くにいて見ていた方から、その姉妹が詩篇121篇で信仰が支えられていると証ししておられた、と伺いました。多分、そのご姉妹も、詩篇121篇を口ずみながら東山を見上げておられたのかな、とそのご苦労と涙の日々を忍びました。その方が残してくださった、困難や試練の中で御言葉に支えられる信仰という証しを、これからも受け継いでいきたいと思います。これからは、また新たな感動をもって東山を見上げることが出来ます。

    | - | 20:04 | comments(0) | - | - | - |