RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< ラーメン屋 | main | 子供祝福礼拝 >>
こだわりのコーヒー
0

      11月の最初の聖日でした。11月は、私たち雪国の者にとって、いよいよ冬が近づいたことを感じる時です。いよいよ会堂を暖かくして皆さんをお迎えする準備が必要です。朝、会堂内の温度計で室温を確かめ、暖房が必要なことを確認します。それから、どの暖房をメインにするかを考えます。私たちの会堂は、エアコンとガスストーブ、それに床暖房の併用です。冬が本格化すれば、三つ全部を使います。

     

     私が会堂内の暖房で理想としているのは、一週間の仕事でお疲れの出席者が、思わずウトウトしても風邪を引かない程度、と私は願っています。私の声は、どうも眠りを誘う声(それに加えて内容も?)のようです。その責任もあって、私は会堂の暖房には気を遣います。講壇で声を張り上げている私には少し温かく感じても、座席に座っている方がほんわか温かく気持ちよく過ごして頂ければ良い、と思っています。

     

     そんなことを考えながら迎えた今日の礼拝は、冬の入り口に入ったことを感じる聖日礼拝でした。礼拝を越えて、続いて持たれる月一回のフェローシップの準備をしていると、お一人の方がご自分で淹れてご持参してきたコーヒーを勧めてくださいました。長岡近郊の名水を汲んで来て、その上で特別な方法で淹れたコーヒーです。もう何回も戴いてますので、早速にカップを差し出しました。周りにいた方も集まって来て、コーヒーの試飲会が始まりました。

     

     みんなで少しずつ味わいながら「おいしい」と感動し、そのおいしさのヒミツが話題になりました。こだわりの名水のことや、さらにこだわりの淹れ方などに感心しながら、ますますおいしさが増してきました。そして、そのこだわりのコーヒーを味わっていた私たちが何か心がホッコリと温まった感じがしました。その雰囲気を楽しみながら私は、こんな説教をすることを目標にもっとこだわっていきたい、と自分に言い聞かせていました。

     

     

    | - | 22:18 | comments(0) | - | - | - |