RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< マンボウ | main | クリスマスは本物の光 >>
風邪引くよ
0

     今日は、待降節の第一聖日でした。私たちの教会では、クリスマスのチャペルコンサートがありました。来演者は、昨年と同じ「トリオ・グラシア」でした。昨年のアンケートにも、もう一度お迎えしたいとと書いてありましたし、教会員の中からも希望がありましたので、再びお迎えすることになりました。来会者も多く、期待通りに昨年以上のコンサートとなり、心から感謝しました。ただ、私としては少し心残りなことがありました。

     

     それは、11月の半ばから風邪気味で十分な準備が出来なかったからです。最初は簡単な鼻風邪と思っていましたが、なかなかスッキリと治らず、いつまでも鼻声で説教をして、教会員の方々にご心配をおかけしてしまいました。牧師という立場上、風邪は出来るだけ早く治さなければ、と普段から思っています。それは、体調が悪い方や病人をお見舞いするのに、風邪引きでは申し訳ないからです。それで私はお医者さんから処方された抗生物質などを早めに飲むようにしています。

     

     風邪は数日前に治りましたが、それでも私としては準備不十分でチャペルコンサートを迎えることになってしまいました。せめて身なりだけはキチンとしたいと思って、風邪の間行けなかった床屋に行くことにしました。それで、家内にその事を伝えると、私の頭を見ながら、気乗りのしない「そうぉ」という返事が返ってきました。そこに娘がやって来たので、私は承認を得たいと思って床屋に行くこと伝えました。即座に「風邪引くよ」と言われてしまいました。

     

     床屋に行く前と後で、そんなに髪の量が変わるような頭ではないのですが、それでも床屋に行った後は、頭がヒヤッとして風邪気味になっていました。そのことを覚えていて心配してくれたのだとは思いますが、私としてはチャペルコンサートのために最善の準備をしたかったので、少し心が重くなりました。その配慮に満ちた言葉のおかげで、今日は体調万全でコンサートを迎えることが出来ました。この体調を維持して、12月も全力で奉仕をしたいと思います。今週中には床屋に行きます。

    | - | 20:51 | comments(0) | - | - | - |