RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 風邪引くよ | main | 99歳の母 >>
クリスマスは本物の光
0

     待降節の第二聖日を越えました。今年のクリスマスの節季は、個人的に「光」をテーマに説教を準備しています。先週は、イザヤ9章2節の「やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。」の聖句に心を留めました。その聖句にある「やみ」について、私は信仰の良き先輩の体験談を思い起こしていました。その方が、若い頃に炭鉱で働いていた時、ヘッドライトの電池がなくなると、本当に真っ暗闇になる、と話してくださいました。

     

     私たちが考える暗闇は、せいぜいが夜の暗闇で、そんなものは本当の暗闇ではない、と力説しておられたことを思い出します。もちろん、その方は単に暗闇のことを話していたのではなく、人の心の深い罪の暗闇について私にその深刻さを教えようとしておられた思います。様々な人生経験を通られたその方の信仰の証しは、牧師家庭に生まれ育って世間のことは何も知らない私にとって、特に「本物のやみ」についてとても深く教えられました。

     

     本当の光についても一つのエピソードを思い出します。もう50年近くも前のこと、当時の長岡教会の両隣はそれぞれ役員さんの住まいがありました。その両家の子どもたちが、学校の課題としてチューリップを育てました。男の子は、植木鉢に球根を植えて戸外に出してそのまま。女の子の方は、植木鉢を暖かい室内に入れて育てました。室内の球根は、男の子の球根がまだ小さな芽が出始めの頃にもう花を咲かせるまでに成長しました。

     

     ところが大問題が生じました。室内の反射式石油ストーブの光を受けて育ったチューリップは、葉も茎も、そして花までが緑色だったのです。赤い花が咲くはずのチューリップが、見たことも無い珍しい緑色の花を咲かせたのです。今だったらインスタで世界中の話題になったと思います。女の子は困って教会に持って来ました。教会でもどうしたものかと困って、とりあえず窓際に置きました。そこに光が射し、とたんにチューリップの花は真っ赤になりました。人工の光では花に色をつけることが出来ませんが、本物の光は見事な色を着けました。私の信仰者としての花の色はどんな色か、と思い巡らしています。

    | - | 19:51 | comments(0) | - | - | - |