RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< チャペル | main | カラを破る >>
消しゴム版画
0

     先週の金曜日は、今月の第二金曜日でしたので、ホーリー先生をお迎えしての「バイブルクラス」でした。今月は、1日がイースターでしたので特別レッスンとなりました。実は、バイブルクラスではルカの福音書を最初から学んでいますので、もうずっとクリスマスのままでした。そのルカの学びをチョット中断して、今回はルカ24章の復活の聖句を読みました。ところが、そこからホーリー先生の「サプライズ」が始まりました。

     

     参加者全員に「版画用の消しゴム」(木の版画のような薄い板状の柔らかいゴム版)が配られました。そして、復活の光景を彫るようにと言われました。ルカ24章には復活の朝の光景が記されています。香料を持って墓に行く婦人たち、まばゆいばかりの御使いが顕れたこと、恐ろしくなって顔を伏せる婦人たち、墓の中には誰も見当たらなかったこと、そして墓に走って行って空の墓をのぞき込むペテロのこと。

     

     そして、一人一人に上記のルカ24章の各節が順番に割り当てられ、それぞれの節に記されている光景を彫るようにと課題が与えられました。中学生頃から60年近くも彫刻などしたことがない私たちでしたので、どこからどう手を付けて良いか分からずワイワイガヤガヤと大騒ぎでした。中には、これなら英語で苦労した方が良い、という方もいました。しかし、ともかく課題として割り当てられた聖句をもう一度良く読み直しました。

     

     御使いの「ここにはおられません」という節が課題となった方は、「いないと言われている方をどう彫ったら良いの?」と、まるで空の墓の前でたたずむ婦人たちのように途方に暮れていました。でも、出来上がった作品は、とても見事でした。空の墓の前で途方に暮れている婦人たちの顔は悲しそうでしたし、「おられない」という光景も見事に出来上がりました。今回のことを通して、聖書を読み込むことの楽しさを再発見した「消しゴム彫刻」でした。

    | - | 19:31 | comments(0) | - | - | - |