RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< フロントガラスのヒビ | main | 夢と現実 >>
除草シート
0

     サクラの季節も終わり、木々の花はハナミズキからツツジへとバトンタッチがなされて私たちの目を楽しませてくれます。目を足もとに向けると、スズランが小さな花を咲かせながら良い香りを放っています。教会の北側植栽にも、スズランが群生していて、玄関に出入りする度に「シャロンの花」の香りを感じています。今日の礼拝では、主の山上の説教に心を向けましたが、その当時聴衆も良い香りを感じていたのでは、と2000年前に思いを馳せました。

     

     ただ、スズランが群生するようになると、雑草も勢いよく芽を出します。この頃になると、家内は実家の裏庭が気になるようです。雑草が生い茂ると、両隣にご迷惑となるからです。三〜四年前までは、高さ三メートル位の柿の木の「アメリカシロヒトリ」を気にしていましたが、思い切って根元から切り倒したので今は雑草だけの心配ですみます。昨年あたりから、その裏庭に「除草シート」を張りたいと言い始めました。

     

     家内がどこで除草シートのことを知ったか分かりません。多分、田んぼのあぜ道などに黒いシートが張ってあるのを見たのでしょう。春先にホームセンターに行ったついでに除草シートを購入しました。アトは「張るだけ」ですが、その役割は「私」です。先々週と先週の二回にわたって、生まれてはじめて除草シートを張りました。膝をついて張っていると、目の前にトカゲが現れましたが、残念ながら飛びのくだけの体力がなく、目と目を合わせて見つめ合いました。

     

     出来映えは、家内がほめてくれるまでもなく自分でも上出来で満足しています。これで、もうすぐやってくる梅雨から夏にかけての雑草の季節にも、両隣に迷惑を掛けることを心配しないで過ごせそうです。張り終わって裏庭を写真に撮って、毎日のように眺めています。私の心にも、こんな除草シートを張ることが出来たら良いのに、と思いながら・・・。もっとも、私には「余計なことを言わない口止めシート」も必要と感じています。

     

     

    | - | 20:18 | comments(0) | - | - | - |