RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 除草シート | main | スポットライト >>
夢と現実
0

     金曜日の夜(土曜日の朝)、夢をみました。それは説教者(未熟な説教者)特有の夢ということができる内容です。真剣に(必死に)説教の準備をしているのですが、いつものように「適切なアウトライン」が思いつきません。聖書の学びは何とかできたのですが、それをいくつか(私はたいてい三つ)のポイントにまとめようとするのですが、良いポイントが思い浮かびません。あれやこれやと思い悩んで苦闘している夢です。

     

     実は、私はこのアウトライン(ポイント)が苦手です。説教集などを読むと、見事なアウトラインが並んでいて感心させられます。英語の頭文字を「A」でまとめたり、「ナントカの過去・現在・未来」と時間的な流れでまとめたり・・・。そのアウトラインだけで開かれた聖句や語られる説教の内容が頭にスッと入って来ますし、いつまでも記憶に残るような気がします。でも、私は毎回の説教準備で、このアウトライン作りに苦闘しています。

     

     ですから、夢の中でも苦闘していたのはいかにも私らしいと夢と思います。ただ、その夢の中で私らしくないのは、自分でもビックリするほど良いアウトラインが思いついたことです。これで聖日の礼拝説教に間に合うとホッとして説教準備をまとめようとパソコンに打ち込もうとしました。・・・という所で目が覚めたのです。その時は、一瞬、その日が聖日かと思い焦りと緊張感を抱きました。でも、すぐにまだ土曜日と分かってホッとしました。

     

     ところが、目が覚めて意識がハッキリするにつれて少しガッカリしました。なぜなら、さっきまで見ていた夢の中とは違って、現実の私は、まだ説教準備が終わっていなかったからです。その上、さっき夢の中で思いついた「すごく良いアウトライン」が全く思い出せないのです。必死に思い出そうとするのですが、霧に包まれているようにボンヤリしているのです。仕方なく、いつものようにアウトラインのために苦闘しようと覚悟を決めて起床しました。

    | - | 19:37 | comments(0) | - | - | - |