RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< ブドウ液 | main | 量り売り >>
ブルーノート
0

     今日の午後の集会は、昨年に続いて二回目の「Q&A」の集いを持ちました。原則として、信仰のことについて自由に何でも質問できる会です。必ずしも、出された質問に答えなくても良くて、みんなで一緒に悩みましょう、という会です。昨年は、天地創造の記事やヨハネの福音書の聖句などに関しての質問がありました。今年は、どんな質問があるのか案じていました。もしかしたら、何も質問がないかもしれない、と気を遣ってくださった方が「三位一体」についてあらかじめ質問を書いてくださいました。

     

     先週の日曜日には、何人かの方が質問アンケートに質問を書いてくださいました。結果として、今日は12の質問を取り上げることになりました。それぞれに真剣な質問ですので、この一週間、しばらくぶりに睡眠時間を削ってできる限りの準備をしました。今日の「Q&A」の集いでは、口頭で一緒に考えても良かったのですが、せっかく事前に質問を書いてくださったので、私もA4用紙に4ページの「資料・私の個人的な意見」を書きプリントして配布しました。

     

     その資料を書きながら、フッと「ブルーノート」のことを思い出しました。それは、セミナリーの「答案用紙」とも言えるものです。学期末の試験になると、教師から試験当日は「ブルーノート」を用意するように言われました。すると学務課に行って、「ブルーノート」を購入して教室に行きました。B5程度の大きさで「青い」表紙の10数ページのノートです。黒板に書かれた課題に対する小論文をそのノートに書くのです。

     

     出された課題に対して、必要な用語を用いて、ある程度(?)まとまった論文が求められる試験です。答案が返ってきたときには、教授からの細かな添削が赤ペンでびっしり書かれていたのも思い出します。今回の「Q&A」の各質問に私の考えを書きながら、「ブルーノート」に思いつくままを書き綴ったセミナリー時代の試験を思い出しました。その内容は、セミナリー時代の成績同様、合格か不合格かのギリギリの低空飛行だと、皆様方に申し訳なく思いました。

     

     

    | - | 21:29 | comments(0) | - | - | - |