RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 苦手意識 | main | ヨーグルト >>
歌丸さん
0

     私は、子どもの頃から落語とか漫才とかが好きでした。高校生までテレビがなかったので、真空管式のラジオのスピーカーに耳をくっつけて聞いていました。「寿限無」を覚えようと思いましたが、当時は新聞も購読していなかったのでラジオの番組表で「寿限無」が放送されるかどうか分からず、最初の少しだけしか覚えられませんでした。もっとも、あの長い名前を全部覚えられなかったのは、私の記憶力の問題だったと思います。

     

     伝道者になってから、先輩の伝道者から、説教者には落語が良い勉強になる、という話しを聞きました。特に、テレビなどで観るよりも、寄席に行った方がずっと良い勉強になる、とも聞きました。それは、落語の本題に入る前の枕の部分で、お客さんの心をつかむ技量に違いがあり、上手い落語家は客席全体をしっかりとつかんで落語本題に引きこんでいくとか。その先輩は、講壇で左右にカラダを小刻みに揺すりながら、いかにも緊張している雰囲気を出していました。

     

     私の名前には「間」の字が入っていますが、私は「間の取り方」がとても下手です。緊張すると特に早口になり、機関銃のようにダッダッダッと話してしまいます。家内にはいつも、その早口に感心されます。私も寄席に行って、名人の間の取り方を勉強したいと思い続けてきましたが、いまだに実現していません。今でもテレビで落語を観る時は純粋に楽しんでしまいますので、きっと寄席に行っても「間の取り方」の勉強よりも、腹を抱えて笑ってしまうことでしょう。

     

     落語家と言えば、この所「歌丸さん」のことが話題になっています。私は歌丸さんの落語はあまりに聞いたことがありません。ニュースで観ると、晩年は健康を害しながら高座に上り続けたようです。特に、酸素を付けながら落語を演じている姿に感心させられています。もし自分がそのような健康状態になった時、果たして私は講壇に立つだろうか、と悩んでいます。今回のこの「こーひーぶれいく」は、丁度700回目です。少し前までは、これを区切りに書くのをやめようと思っていました。でも、まだ酸素を付けるほどではないので、もう少し続けようかな、と思っています。

     

    | - | 21:31 | comments(1) | - | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/07/17 4:06 PM |