RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< アイスクリーム | main | ホンマくん >>
冷や汗
0

     今年の夏は、気象庁が「危険な暑さ」と警鐘を鳴らすほどのヒドイ暑さでした。予報で、明日の最高気温が33度などと見ると、あっ明日は少し暑さがラクかも、と思うほどの連日の暑さでした。そのような中でも兄姉方は真実に励んでくださり、その真実な信仰に心から敬服しました。酷暑にも負けずに励む真実な教会員の方々には申し訳なく思いましたが、8月の集会の数はグッと数を減らしました。

     

     一つには各集会に励む方々の年齢構成を考慮したからです。各集会を暑かろうが寒かろうが休まずに励む方々の多くは、70歳以上です。その年代の方々は実にハツラツとしてお元気です。夏の暑さが厳しいですから集会をお休みにしましょう、と提案するのが申し訳ないほどです。もう一つの理由としては、私の健康状態です。元気ですが今年はことさらに暑さが身体に堪えました。講壇で、何度も文字通り汗が噴き出しました。

     

     兄姉方のご理解で集会の数を減らしたことで、弱さを覚えていた私も何とか夏の厳しい暑さの中を守られて8月の半ばを過ぎることが出来ました。ホッとしていよいよ秋に向かって頑張ろうと思っていた数日前、またしてもイヤな夢を見ました。夢ですからつじつまが合わないことは当然ですが、妙にリアルな部分もありました。ある大きな集まりで、多彩なプログラムが組み込まれた集会の説教のご奉仕が任されました。

     

     説教が終わり頃に一つのプログラムが予定されていました。私は説教を中断してそのプログラムを進めました。ところが、そのプログラムが始まると聴衆が席を立って飲み物やお菓子の所に集まりました。しかも、そのお菓子や飲み物のテーブルに私の説教原稿が紛れ込んで、説教を閉じようとしている私は焦って原稿を探している・・・という所で冷や汗をかきながら目が覚めました。やっぱり自分は説教者には向いていない、と自覚させられた夢でした。

     

     

     

    | - | 18:35 | comments(0) | - | - | - |