RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< ゲッセマネのイエス様 | main | 冗談では済まされないこと >>
心地良い疲れ
0

     私は、十日ほど前から風邪で苦労させられました。9月第一週の聖日礼拝後からガラガラ声が始まりました。今までは、礼拝前はガラガラ声でも説教の奉仕をしながらだんだんと声が出始め、聖日のご奉仕が終わると回復した、ということがありました。家内は、今回もきっと大丈夫、と言って励ましてくれました。でも、今回はガラガラ声のままでした。娘から、声変わりなんじゃない、と言われるほどでした。

     

     礼拝前半の讃美では、いつものように思い切り声を出して讃美することが出来ず、フラストレーションを感じました。でも、途中で意識を変え、自分の声の高低の中で、どの高さの音が一番良く出るかを探りながら讃美しました。低い声なら少しは出るように感じましたので、まるで別人のような低音で説教を始めました。何とか次の集会までには直さなければならないと思い、次の月曜日と火曜日は体調の回復に努めました。

     

     でも、水曜日の祈り会でも、依然としてガラガラ声でした。声の変調だけでなく、体調そのものも優れず、医師からの薬を服用しながら休養して風邪を治すことに努めました。昨日の夜までは咳が続いて案じながら休みました。今朝は、咳も遠ざかり、声もほぼ回復したように感じました。主の助けを感謝しながら奉仕に臨みました。今日は、言ってみれば「フル」の聖日でした。礼拝とCSの前半司会、続いて例会、その直後に伝道会だったからです。

     

     今年の夏の期間、私は少し体調に自信が無く集会の回数を減らしました。夏を越え、いよいよ秋を迎えて、集会の回数も通常に戻しました。それで、今日はしばらくぶりの「フル」の聖日となったのです。ところが、このところの風邪で万全な体調ではありませんでしたが、声も戻ってご奉仕を(欠けだらけではありますが)全うすることが出来、心地良い疲れを覚えながら感謝しました。心地良いと言うよりも少し程度が重い(年齢にふさわしい)疲れでヘトヘトと感じましたが。

    | - | 22:15 | comments(0) | - | - | - |