RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< Joy to the world | main | デスク・ダイアリー >>
逐語霊感?
0

     雪国の12月としてはめずらしく晴天の聖日でした。少し空気はひんやりとしていましたが、我々雪国の住人にとって、冬なのに乾いた道路を走る事ができるのは何よりも嬉しいことです。礼拝に来られた方々と玄関先でそんな挨拶を交わしました。長岡教会では、すでにクリスマスチャペルコンサートを開催し、先週はファミリークリスマス・愛餐祝会がありました。来週は「キャンドルサービス礼拝」が予定されています。

     

     つまり、今日はクリスマスの月ですがごく普通?の聖日の営みでした。礼拝と午後の伝道会(聖書と賛美の集い)がありました。今日は、礼拝にも司会者が立てられていましたので、私は礼拝順序を飛ばさないようにと気を遣わずに礼拝に臨みました。ただ、午後の集会では、司会も担うことになりました。と言いますのは、先月末に発行した今月の「集会プラン表」の今日の司会者のところにミスプリントがあったからです。

     

     実は、私は週報などでよくミスプリントをしてしまいます。教会員の方々も慣れたもので、間違っている箇所に疑問を抱くことも質問することもなく、ご自分たちで訂正してくださいます。ある時は、週報の日付けが間違っていて、講壇で見た時に自分でビックリしたことがありました。それでも教会員の方々は何事もないようにご自分たちで訂正してくださいました。そんな私ですから、今回の司会者のミスプリントも、名前が書かれていた方がスルーしてくださいました。

     

     でも、その場合、後任?が決まっていないと、誰も司会者が立たないことになります。結果として私が司会の任も担うことになったのです。聞くところによると、名前が載った方のお宅では、ご夫婦で悩まれたそうです。これはミスプリントではなく、牧師が「あえて」載せたのではないか?いやいや単純なミスプリントでは?その議論の結果、ミスプリントの意見が勝ったそうです。私のプリントも「逐語霊感」と受け止めてくだされば良かったのに、と複雑な思いで講壇に上がりました。

    | - | 21:19 | comments(0) | - | - | - |