RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< お祈りに感謝 | main | ツー・ミニッツ・ウォーニング >>
青空
0

     今日は、裏日本の冬としてはめずらしく朝から青空でした。もっとめずらしいのは、昨日、今日、明日と三日間も青空が続くことです。(但し、明日はまだ本当に青空になるかどうかは分かりません。でも少なくとも昨日と今日は青空でした。明日も気象庁の予報通りになることを願っています。)一番早く礼拝に来られた方と、しばらく青空を話題にして楽しい会話をしました。それほど、雪国の青空は貴重なのです。

     

     その後に続々と礼拝に来られた方々とも、まずは青空と日差しを話題に笑顔で挨拶をしました。車で来られた方々は異口同音に「車の中は暖かいです。」と喜んで報告してくださいました。表日本の方々にとっては、冬はいつも抜けるような青空でしょう。それが当たり前のこととして、それほどありがたみはないかも知れませんが、私たちにとって、冬の青空は何とも貴重なもので、心の中にまで明るい日差しが届いたような朝でした。

     

     このところ、私のミスで様々なハプニングがあって出席された方々にはご迷惑をおかけしてきました。今日は、順調に礼拝を越えたとホッとして帰られる方々と挨拶をしていた時、お一人の方が「先生は、いつ新しい年になるのですか?」ニコニコして話しかけてこられました。私は、すぐにその意味が分からずポカーンとしていました。すると、今日の週報の日付けが、まだ「2018年」のままだと指摘をされました。

     

     「先週から2018年のままだったので、いつになったら新年になるのかな、と思っていました。」とやさしく私のミスを教えてくださったのです。いわゆるコピペのミスです。元旦礼拝の週報は、さすがに「2019年」としましたが、その後の週報の日付けは、昨年のままだったのです。そばを通る何人かの方もニコニコしながら「私も気が付いていました」と話していました。今年も愛兄姉方の寛容と忍耐に支えらると申し訳なく思いましたが、私の心の中は「青空」が広がっていました。

    | - | 20:11 | comments(0) | - | - | - |