RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< ツー・ミニッツ・ウォーニング | main | ふかしごはん >>
大雪注意報
0

     今日は、今年の教会総会礼拝でした。毎年のことですが、滞りなく準備をすることに細心の注意を払って全力を傾けました。昨年の主な出来事を写真で振り返る恵みの回顧、集会人数や財的な報告などの資料を整えましたが、説明文と数字にミスがありました。申し訳なく思いながら総会時にお詫びをしました。いつものことながら、寛容と許しのスピリットに満ちた教会員の方々は、何事もないように訂正してくださいました。

     

     実は、今日の教会総会を前にして、天気予報は北陸地方・新潟県に大雪を予想していました。最大で70センチとか40センチとか。もしそうなったら、交通事情が大混乱で、遠くからの出席者はもちろん市内からの出席者も教会に辿り着くことは困難と思われました。ただ長年の雪国生活は、気象庁よりも確実な「勘」が働くことがあります。それによると、まぁそこまではひどくならないのでは、という感じがしていました。

     

     それでも、出席される方々が無理しないように、と案じながら祈って朝を迎えました。15センチほどの新雪が積もっていましたが、雪国の私たちにとっては、ホッと胸をなで下ろす程度の積雪でした。礼拝が始まるころには、降雪もすっかり止んで、皆さん方はニコニコしながら「雪がたいしたことなくて良かったですね。」と会堂に入ってこられました。今回は大雪注意報が空振りで良かったと感謝しました。

     

     ただ、これから春を迎えるまでの毎週の集会は、天気予報に一喜一憂することの連続です。教会でお待ちする者として、複雑な心境ですが、一番願うことは皆さんが無理しすぎないことです。主も決して無理することを願っていないと思います。「今は休め」と仰る御方ですから。冬だけでなく、この一年の私たちの歩みでも、季節外れの「大雪注意報」が発せられることがあると思います。主の恵みに支えられ、無理することなく歩みたいと願います。

    | - | 20:55 | comments(0) | - | - | - |