RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 大雪注意報 | main | T君の初クラス >>
ふかしごはん
0

     私は、ヨーグルトとハチミツが苦手です。ハチミツは、口に入れるのもイヤということではありませんが、どうも苦手意識が強く、パンケーキなどに勧められても断ります。ヨーグルトは、口に入れるのがイヤというだけでなく、ニオイだけでもお断りしたいほどです。何をしても許せるかわいい孫でさえ、私の隣に座ってヨーグルトを食べようという時は、強引に少し離れてもらうほどです。できたら、同じ部屋で食べてもらいたくありません。

     

     苦手な理由は良く分かっています。それは私の鼻にとても強く感じる「発酵臭」です。同じようなニオイが、お酢やドレッシングにもあって、それらも苦手です。子どもの頃は、マヨネーズも苦手だったほどです。最近は、酢の物やドレッシングは多少は食べることが出来るようになりましたが、できるだけニオイの少ないものを選んでいます。でも、同じようなニオイでも納豆は好きですから、実際は何が苦手なのかハッキリしません。

     

     子どもの頃に、苦手だったものがもう一つありました。「ふかしごはん」です。冷たく固まったごはんが、今はもう見ることもなくなった金物のふかし器でふかされて、温かく湯気を出しながら食卓に出て来ました。いつもではないのですが、時にそのふかしごはんが独特の「プン」という臭いがすることがありました。そのニオイが大の苦手だったのです。お腹がペコペコで食卓に着いたのに、ふかしごはんが出て来ると、すっかり食欲が失せてしまいました。

     

     今日も拙いものでしたが説教のご奉仕をさせていただきました。いつも心がけているのは、ごはんだったら炊きたてごはんのような奉仕です。おかずは梅干しだけのような素朴な食事でも、炊きたてごはんがあればそれだけで幸せを感じるからです。ふかしごはんのような説教はしないようにと自分に言い聞かせています。もっとも最近は電子レンジのおかげで、そうとう固く冷たくなったごはんでも、炊きたてと同じようにホカホカにできますが。

    | - | 19:54 | comments(0) | - | - | - |