RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 40年前 | main | ミスプリ >>
25期生
0

     私は、聖宣神学院の第25期生として入学を許されました。もう46年も前のことです。男子の同期生は、私を含めて5名でした。その内の1名は他教団からの委託生で、週末は母教会に帰って奉仕をしていましたので、実質的には4名が同期生として寄宿生活を共に過ごしました。今とは全く時代も違いますから比較は出来ませんが、当時の神学院は「異様」なほど厳しい訓練の場でした。消灯時間の厳守もその一つでした。

     

     聖日の奉仕で東京近郊の教会に2〜3名で派遣されましたが、その派遣先の教会によっては夜遅くに寮に戻ることになりました。それでも消灯時間は厳守です。但し、お弁当を洗うときだけは洗面所の電灯を点けても良いことになっていました。それで遅く帰った一年生同士が助け合って(合法的に規則を破って)、一人ずつお弁当をあえて丁寧に(ゆっくり)洗い、その側で他の人がノートを確認するなどの作業をしたことを思い出します。

     

     そんな規則破りの私たち一年生でしたが、それぞれに主に召され献身し神学院に入学を許されたことはとてもうれしく感動して日々を過ごしていました。でも、私は心のうちに不安もありました。それは、自分の声が細い声で遠くまで通らないことと賛美のリードが出来ない(音程がずれる)ことに悩んでいたからです。果たしてこんな私が伝道者(説教者)として奉仕が出来るのだろうか、と真剣に考えました。その悩みは、一年生男子だけの祈り会でますます大きくなりました。

     

     授業の関係で一年生男子だけの空き時間が出来たので、小さな祈り会を何度か持ちました。我々一年生男子5名の賛美は、一人は音が高く、一人は音が低い、一人は蚊の鳴くような聞こえないほどの小さな声、一人は自分が音を外していることも分からず笑顔で歌い続け、そして私は誰でも隣の人に引きずられる・・・ある教師によると「気持ちが悪くなる」賛美とか。そんな25期生の私が、40年間も伝道者として奉仕できたのも、主のあわれみと感謝しています。

    | - | 21:43 | comments(0) | - | - | - |