RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 一大決心 | main | やがて・・・ >>
母は正しかった
0

     私は、小学1年生の時に母から「あなたはオッチョコチョイだから。」と言われました。それは、ある朝のことでした。いつものように朝早く、庭の片隅に父が作った粗末な鶏小屋に入って、タマゴがあるか確かめた時のことです。そのニワトリは、養鶏業者の方が、もうタマゴを産まなくなったから、と私たち子どもの遊び相手としてくださったものでした。ですから、必ずしも毎朝タマゴを産んでいるわけではなかったのです。

     

     その朝は、タマゴが一個スミにありました。私はタマゴを両手でソッと持って大喜びで、庭に面した縁側にジャンプしました。ところが、いつもならラクラクジャンプできるのに、タマゴを両手で持っていたせいで、その時は高さが足りずに転んでしまいました。手に持っていた大切なタマゴは、縁側に落ちて割れてしまいました。足の痛みどころではなく、割れたタマゴを見つめていた私に母が言いました。「あなたはオッチョコチョイだから。」

     

     先日、床屋に行きました。早くて安い床屋です。もう二、三年通っていて顔見知りになっています。その日も、いつもの従業員の方が、私の顔を見て親しげに「どうぞ」と椅子に案内してくれました。シャイな感じの従業員で、面と向かって目を見て話すことはなく、斜め45度くらいで話しかけてきました。椅子に座ろうとすると、私のリクエストを良く知っているというような話し方でモゴモゴと早口で何かを言って、タオルを首に巻き始めました。

     

     私はいつものように「はい、お願いします。」と言って目を閉じて任せました。ところが、ハサミが進むにつれて、どうも私のリクエストした長さよりもずっと短く刈られているように感じて、目をソッと開けて見てみました。案の定、すっかり短くされていました。仕方なく、その後も為されるがままにしました。私のリクエストを分かってもらっていると思った私が「オッチョコチョイ」だったのです。母は正しかったのです。(その母は、いま会う度に「あなたが献身してビックリしちゃった。」と言います。こんな私で良いのでしょうか、と神様にあわれみを求めています。)

    | - | 19:52 | comments(0) | - | - | - |