RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< 生ける水 | main | 台風19号 >>
トゲ
0

     昨日の夕方、少し休憩をしようと今でくつろいでいました。隣の台所で夕食の準備をしていた家内が、1袋のナスを手に持って私に尋ねました。「このナス、お漬け物にしようと思って買っただけど、皮が固そうだからどうしようか?」私は、それが土曜日の夕方に説教者に聞くこと?と少しも思わずに、即座に「味噌しぎ」と答えました。何しろ、ナスの味噌しぎは、私の大好物だからです。家内は、それを聞いて台所に戻っていきました。

     

     私のリクエストを受けて調理を始めた家内が、すぐに「イタッ」と声を挙げました。見ると、手をギュッと押さえていました。ナスのヘタのトゲが刺さったのです。私のところに来て指を差し出しましたが、何しろ二人とも老眼ですから、小さなトゲが良く見えません。私がメガネを外してやっと見えました。細くて長さは2ミリぐらいでした。取ってあげようとしましたが、トゲに触る度に「イタッ」いうので、後で取ることにしました。

     

     料理をしながら、トゲが当たる度に「アッ」とか「イタッ」と声をあげていました。夕食後、家内は自分でトゲを抜こうとしたようですが出来なかったので私に頼みに来ました。私は、家内から針ととげ抜きを受け取って本格的にチャレンジしました。実は、私はとげ抜きが結構好きで得意なのです。針の先でトゲ付近の皮膚をチョット傷付けて、トゲが皮膚から顔を出すようにしてからとげ抜きで抜くのです。今回も簡単に抜けました。

     

     抜けたトタンに痛みが消えたようで、家内はホッとしていました。使徒パウロは、「肉体に一つのトゲ」が与えられていた、と述べています。少し動く度に「ズキン」と痛んだことでしょう。抜けたらどんなにかホッとすることか、と切望したことでしょう。でも、神様から「そのままで」と言われて「ズキン」とした痛みを抱えて奉仕していたのです。人前に立つのが大の苦手な私は、今日も「ズキン」と痛みを覚えながら奉仕をさせて頂きました。

    | - | 20:10 | comments(0) | - | - | - |