RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

牧師のこーひーぶれいく

<< トゲ | main | 天国に行っても・・・ >>
台風19号
0

     超大型の台風19号のニュースを注視しながら迎えた今日の聖日でした。二三日前までは、東京を中心とした関東の状況がニュースの中心でした。今まで経験したことがない強風や大雨に見舞われたときの大都会は大混乱だろうと、私たちも案じながら見ていました。土曜日の夕方から、私たちの地域も台風の赤い円(暴風域)の端っこに入りました。風が強くなってきたので、遠くから出席される方にムリしないように電話でお伝えしました。

     

     土曜の夜のニュースでは、多摩川の流域が映し出されていました。私が生まれた高津近辺にも被害が出ていると伝えられて、教会や教会員の方々のことを案じていました。夜が遅くなるにつれて、台風の被害が身近に迫っていることを感じました。私たちの町の真ん中を流れている信濃川の上流である千曲川が氾濫しそうと伝えられました。スマホで調べると、近くに住む娘の家のすぐ側の川が増水していることも知りました。

     

     夜中に何度もスマホで長岡には被害が出ていないことを確認しながら朝を迎えました。台風の影響で出席される方も少ないと思っていましたが、東京・江戸川区在住のご家族が避難指示に従って実家へ避難して来たと出席されました。ビックリすると共に、控えめに感謝しました。礼拝中に何度も礼拝出席者のスマホからエリアメールの警報音が響きましたが、何とか礼拝は守ることが出来ました。

     

     礼拝を終えて確認すると、何と長岡市内の、しかも教会の近くで洪水の被害が出ていて、全国ニュースで取り上げられていることを知って驚きました。被害に遭った方のことを心配すると共に、無事に礼拝と午後の集会も守ることが出来たことを心から感謝しました。こういうことがあるといつも思うのですが、毎週当たり前のように集会を守ることが出来るのは、決して当たり前ではなく、神様の恵みによる事と実感し感謝しました。

    | - | 19:31 | comments(0) | - | - | - |